クラブアクティビティ

小児がんなどの難病と闘うこどもたちに癒しを

報告者:  神戸須磨ライオンズクラブ 奉仕委員長 岡本昭德
日 時:  2021-02-09
場 所:  兵庫県立こども病院
兵庫県立こども病院へ「スヌーズレン」を贈呈しました。スヌーズレンは70年代の半ばのオランダで開発された、一種の教育的刺激を与える環境設定方式。
自ら好きなものを選ぶことができ、その楽しさを基盤に「心身の緊張がほぐれる」「穏やかになる」「コミュニケーションがとりやすくなる」などの療法的効果が報告されています。
水の流れや水の中を上っていく泡、ミラーボールやプラネタリウムのように緩やかに動く光、輝く光ファイバーといった幻想的な環境の中に身を置くことで交感神経と副交感神経のバランスがとれ、親元から離れて入院するこども達に癒しを与えることができます。






  • 335-A地区 facebook
  • 335-A地区のfacebook 若獅子ネット
  • フォトアルバム
  • eMMR ServannA