委員会活動

地区災害対策研修会開催

報告者:  地区アラート委員長 田中 操
日 時:  2016-11-26
場 所:  ひょうごボランタリープラザ
 11月25日(金)、ひょうごボランタリープラザにおいて、地区アラート委員会主催「地区災害対策研修会」を開催し、ひょうごボランタリープラザから、副所長の鬼本 英太郎様と事務局長 柳瀬 長明様に出席頂きました。

 鬼本様には「大災害にそなえ 熊本地震災害時の被災地の現場から」のテーマで、熊本地震の災害状況とボランテイア活動、また平成26年の丹波市豪雨水害とその時のボランテイア活動についての詳細な報告を頂くと同時に、「大震災に備える!災害ボランテイア活動の環境づくり」についてお話し頂きました。

 その後、明石魚住LC L橋本維久夫による「災害時にライオンズは何ができるか」というテーマで、阪神淡路大震災時に全国のライオンズクラブとLCIFから頂いた合計1,252,053,404円の義捐金の詳細を説明頂くと同時に、今後「南海トラフが起こったら」という想定の中で、これまで実際に行動して来られた体験を交えて、災害時に全国から支援物資が届いた時の集積場の備えは出来ているか等、発生した時には何をすればよいか提言頂いた。

 鬼本様の講演も、L橋本の提言も分かりやすく、日頃の防災意識の大切さも含め有意義な時間であったと出席者から嬉しいお言葉を頂いた。
 
















  • 335-A地区 facebook
  • 335-A地区のfacebook 若獅子ネット
  • フォトアルバム
  • eMMR ServannA