新着情報

「みやっこ応援団支部」アクティビティ その5

報告者:  西宮ホワイトライオンズクラブ 支部連絡員 野村 めぐみ
日 時:  2020-11-07
場 所:  西宮市神呪寺農地
11月7日、西宮市甲山神呪寺農地において、西宮ホワイト「みやっこ応援団支部」のアクティビティ(その5)として、支部メンバーと親クラブメンバー有志により“芋ほり”と“縄ない体験”をしました。
本来ならNPO法人こども環境活動支援協会・農業塾として子ども達と一緒に行う活動ですが、コロナの為、大人だけで行っております。

今日はあいにく霧雨でしたが、“シルクスイート”と“紫芋”の2種類のサツマイモを掘りました。蔓の根元をはさみで切り、蔓を除けてスコップで掘ると“大きい芋”や“小さな芋”が次々と出てきて、「お芋の天ぷらかな?」とか「紫芋はスープが良いね!」など、童心にかえり芋掘りを楽しみました。

 農業塾メニューとしては、今日は“麦まき”もする予定でしたが、天候が良くないので、ハウス内で、脱穀した後の藁(もち米の藁)6本で“縄ない”の体験指導を受けました。
 “縄ない”には、軸が長く緑が残っている“もち米”の藁が適しているそうです。
“縄ない”体験は全員初めてで、悪戦苦闘しながらもなんとか立派な(?)縄になりました。








  • 335-A地区 facebook
  • 335-A地区のfacebook 若獅子ネット
  • フォトアルバム
  • eMMR ServannA