新着情報

ユニセフに使用済み切手と外国コインの寄贈

報告者:  西宮ホワイトライオンズクラブ MC委員長 畑山 裕子
日 時:  2020-03-13
場 所:  兵庫県ユニセフ協会
3月13日、東灘区にある兵庫県ユニセフ協会に1年分の「使用済み切手と外国紙幣・コイン」を寄贈させて頂きました。
 外国紙幣・コインは西宮市内にある兵庫県で一番古い旧官幣大社の「廣田神社」と福男で有名な「西宮神社」の賽銭箱に入れられていた外国のお金で、初詣と十日戎が終わった後、両神社から当クラブに託されます。
また使用済み切手は例会時にボックスを置いており、ユニセフへの寄贈は9年継続しております。
 兵庫県ユニセフ協会 福井事務局長から「長年の継続感謝致します。」とのお言葉を頂きました。
昨今は、賽銭箱にゲーム用コインやおもちゃのお金をいれられる方も多く、当クラブ会員が手作業で仕分けします。またユニセフ協会は、これらのお金を東京に送り、国毎に仕分けされ、それぞれの国で使われます。
 ユニセフもSDGsに取り組んでおり、大きな看板が出ておりました。
  • 335-A地区 facebook
  • 335-A地区のfacebook 若獅子ネット
  • フォトアルバム
  • eMMR ServannA