クラブアクティビティ

第7回スペシャルオリンピックス日本 夏季ナショナルゲーム・愛知の開会式

報告者:  神戸あじさいライオンズクラブ 会長 知原由利子
日 時:  2018-09-25
場 所:  愛知県 日本ガイシホール
今期のあじさいライオンズクラブのメインアクティビティ、スペシャルオリンピックスに会長Ⅼ知原由利子が行ってまいりました。
「第7回スペシャルオリンピックス日本 夏季ナショナルゲーム・愛知」の開会式が9月22日14時より愛知県日本ガイシホールで開催されました。
 全国から過去最大数の1640名のアスリートが集まり、兵庫県からは57名のアスリートが兵庫ブルーユニフォームで参加しました。
愛知県警楽団の演奏に合わせた入場行進では、アスリートが大会会長の有森裕子氏とハイタッチをして盛り上がり、大型スクリーンには鈴木大地スポーツ庁長官のビデオメッセージが映されました。そして、ライオンズクラブ元国際会長L山田實絋が来賓として挨拶、続いて選手宣誓が行われて、大会スローガン「越える喜び」のもとで大会が始まりました。
 開会式では参加者一同のモチベーションを高める名古屋の「チームしゃちほこ」によるアクロバティックなダンスや、サンプラザ中野やTERUによる歌のアトラクションなどがあり、会場では立ち上がりダンスをはじめてアトラクションを大いに楽しむ参加者も現れました。
 アスリートの活躍を期待して、また大会の安全を願って開会式は終了しました。




  • 335-A地区 facebook
  • 335-A地区のfacebook 若獅子ネット
  • フォトアルバム
  • eMMR ServannA