クラブアクティビティ

第30回西宮市小学生駅伝競走大会開催

報告者:  西宮甲山ライオンズクラブ 社会委員長 田中 正剛
日 時:  2017-02-24
場 所:  武庫川河川敷特設コース
2月18日(土)に、武庫川の河川敷において、第30回小学生駅伝大会を開催しました。当日は天候に恵まれ、駅伝日和となりました。
当クラブでは青少年健全育成の一端として、毎年この小学生駅伝競走大会を催しております。翌日2月19日の朝日新聞と読売新聞に記事が掲載されましたこともご報告いたします。
今年は、市内の小学5年生と6年生、合計77チームの小学生が参加してくれました。選手やその指導者の先生方、応援に来てくれている保護者を合わせると、約2000名の方が一堂に集まり、大変盛り上がった大会となりました。
開会式では西宮市長の今村岳司様、西宮市教育長の伊藤博章様より激励のことばをいただきました。この大会は普段運動をしている子どもも、特にスポーツをしていない子どもも、誰でも参加できることが特徴で、5人の走者と2名の補欠選手を合わせて、7人1チームで競います。各チームが一丸となって、懸命に一本のたすきをつなげる姿は、毎年のことながら、奉仕をしているはずの私たちが、逆に元気をもらっています。
閉会式では、上位入賞チームにトロフィー、楯、賞状、メダルの授与がありました。また第30回の節目の記念品として、ランニングバッグもお渡ししました。
大会に向けて日々練習を重ねて最後まで走りぬいたということが、勉強やスポーツ、これからの人生などに必ず役に立つと願って開催しています。そして、将来には、オリンピックに出るようなアスリートが生まれればさらにうれしく、主催者として誇りに思います。
西宮市陸上競技協会の方々をはじめ、西宮警察署、瓦木消防署、他、多くのボランティアの方の支えによって、無事けが人が出ることもなく、滞りなく駅伝大会を終えることができましたこと、心より感謝申し上げます。
  • 335-A地区 facebook
  • 335-A地区のfacebook 若獅子ネット
  • フォトアルバム
  • eMMR ServannA