クラブアクティビティ

ロボット教室開催

報告者:  洲本ライオンズクラブ 会長 神田 智康
日 時:  2016-11-04
場 所:  淡路文化資料館
 本年度洲本ライオンズクラブが取り組んでおります、会長テーマ「伝統と革新」。その「革新」のアクティビティとして、「誰もやったことがない!革新的なアクティビティ!!」と題して、11月3日青少年育成事業「ロボット教室」を開きました。
 全てが初の試みです。応募が来るかもわからず、不安な毎日を過ごしましたが、ふたを開けてみると、募集枠60名のところ、なんと213名の応募がありました。この人数は洲本市内の小学生10人に一人が応募してきたことになります。
保護者からの確認の電話など事務局にかかってくる電話の数も平日の数倍と大忙しです。
 当日は、抽選に選ばれた幸運な60名の未来のエンジニア達を午前と午後に分けて30名ずつ2名人チームとなって、ミッションに取り組みます。
 先ずは、ロボットを組み立て、各センターをつなぎます。小学1年生でも6年生でも同じ作業をします。ロボットが完成すると、プログラム組んでロボットへと命令を与えていきます。
みんなミッションをクリアしようと真剣です。ミッションをクリアに向けてプログラムを組み、ロボットに指令を与える作業を根気強く続け、トライ・アンド・エラーを繰り返します。ミッションをクリアすると最高の笑顔で「できた!」と大喜びです。
終わった時には皆エンジニア顔をしており、彼らが将来エンジニアになる日もそう遠くないかもしれません。
 最後に、今回の事業は、参加された児童及び保護者の方々、洲本市教育委員会の方々、講師の方々、そして洲本ライオンズクラブのメンバーの献身的なサポートにより、実現いたしました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
  • 335-A地区 facebook
  • 335-A地区のfacebook 若獅子ネット
  • フォトアルバム
  • eMMR ServannA